in & out (いぬとねこのビジネスネタ日記)

ビジネスや考え方、健康、メンタルなど生きていくために必要なネタをピックアップしていきます。

【今日のINPUT No.117】 「あの仕事どうなってる?」突然上司に言われないための仕事術とは?

【まとめ】

「締切」というマイルストーンをうまく活用することが、段取り良い進め方に繋がる。

 

 今回は、締め切りを守って段取りよく仕事を進める方法について話をする。

上司から「あの案件、今どうなっている?」突然聞かれて固ってしまった経験はないだろうか。複数の案件を持っている時ほど、締切が特に決まっていない案件は先延ばしになってしまう。全ての仕事を完璧に並行して進めていくのはかなり難しいことではあるが、案件を放置させないための方法を紹介したい。

 今回の方法は、あらかじめ役員報告の日程が決まっているなど、締切が強制的に決められている案件に対応するものではなく、重要だが締切がはっきりと決まっていない仕事、例えば上司から「急がないけどこれやっておいて」といった案件についての対応である。 このような案件こそ、優先順位は下がるので、忘れがちになってしまう。 このような案件を段取り良く進めていくための3つの方法は以下の通りである。

 

①話を聞いた瞬間にMTGをセットする

案件の進捗を報告する場を、仕事が降ってきた瞬間にスケジュールに入れてしまうこと。

初回は現状把握として情報を整理してきた内容の報告で良い。上司に意思がある場合はここで何かしら意見が出るので、スタート地点を擦り合わせる場としても有効である。

 

②自分で締め切りを宣言する

締切を明示されなかった場合、自分から設定をする。

上司に締切日程を聞くのが良いが、自身で決めた方がスケジュールは組みやすい。 この時もっと早めになど、上司に認識とズレていたら指摘はしてくれるので、実は日程が決まっていた何てことも確認できる。

 

③締切は「少し早め」に設定する

アクシデントに対応できる時間をあらかじめ設定しておく。

例えば月末までであったら、20日を目標にするなど、上司からの修正対応や自分の体調が悪くなり休んでしまったなど、アクシデントに対応できるようにしておくことが締切を厳守する設定の仕方である。

 

 締切は「プレッシャー」にはなるが、締切があるからこそ、案件を進める動機にもなりえる。また、部下をマネジメントをする際にも役立つのではないだろうか。

 

【今日のINPUT元ネタ】

■voicyチャンネル

ちょっと差がつくビジネスサプリ

グロービス経営大学院

■放送タイトル

第656回 仕事に役立つABC『締切先生』

■放送日

2021/12/8

#Voicy #グロービス経営大学院 #段取り #スケジュール管理 #目標達成 #スキルアップ

【今日のINPUT No.116】 プレゼンが相手になかなか伝わらない。そんな時に試したい3つのこと。

【まとめ】

「伝わる」は技術である。相手のことを考え話をする技術を身につけよう。


 今回は、話し方やプレゼン、雑談をテーマにしたベストセラー100冊の中で、共通して出てくるキーワード40個を抽出し、ランク付けした時の上位3つを紹介する。


①会話の中心に相手を据える

 自分が話したいことではなく、相手が聞きたいことを話すと相手に理解されるようになる。

 相手と話をする時、自分の話を思いついたまま好き勝手に話すことは話す側としては非常に楽ではあるが、好き勝手な話は相手にとっては非常に理解し難いものである。

 あなたの知りたい方はこれ、答えはこれ、なぜなら、、、といった相手にこれからあなたが知りたいことを話すますよと目線を合わせる事が大事である。


②伝える順番で伝わり方が決まる

 話す内容が同じでも、話す順番で相手の納得度が変わる。話し方の順番でよく紹介されるのは、次の通りである。

・まず結論を話し、次に理由を話す

・プレップ法(結論から理由、具体例、まとめと話す)

このように相手にスッと伝わる順序とあるが、わりと忘れがちなのが、最初に何の話をするのか、振り返りを含めて話しをすることである。特に役職の人へ話をする際、そういった人たちは色々な人の提案を聞かされているのである。いきなり結論の話をされても理解されないというのは、なんの話だったのか覚えていないことの方が多いからである。


③話し方にメリハリつける

 昨今オンラインやマスク越しの会話となり、人の表情が分かり難くくなった。相手により理解してもらうにはメリハリをつけた話し方も有効な手である。

 メリハリの付け方は、間を取る、リズムを変える、大事なことはゆっくり話すなどがある。自分が言いたいことは強調して話し、言いたいことの付け足し情報は軽く流すといったことでもメリハリをつけることはできる。


 今回紹介した3つの方法は取り入れやすいと思うので、自分の話が理解されないと悩んでいる人は試してもらいたい。

 

 

【今日のINPUT元ネタ】

■voicyチャンネル

ちょっと差がつくビジネスサプリ

グロービス経営大学院


■放送タイトル

第655回 話し方のベストセラー100冊のポイントを一冊に


■放送日 2021/12/7


#Voicy

#グロービス経営大学院

#プレゼン

#話し方

#スキルアップ

#会話術

【今日のINPUT No.115】 やる気が出ない、、そんな時に試して欲しい方法

【まとめ】

 条件反射をうまくうことで行動を起こすことの億劫さは薄くなる。

 

 やらなければいけない事がある、しかし、どうしてもやる気が出ない時は、我慢をせずにこれをやって欲しい。

 

「if then プランニング」

 

 「if thenプランニング」とは、「もしも〜したら、〜する」という条件型の計画のことである。もしこうなった時はこうすると決めるので、自分の意思に関係なく行動に移せるのである。

 体ががしんどい時や気が乗らない時は我慢して行動したり、先延ばしすることも考えるが、やるべくその時に片をつけたいところ。

 例えばやる気がないけどメールをしなければいけない時、とりあえずパソコンの電源をつけてみよう。やり始めると、案外続けてしまうものである。このように、まずは1つやってみることで、仕事のリズムが出てくるのである。

 

 最終手段ではあるが、やる気が全く起きない時は、明日の自分に期待しよう。翌日のスケジュールに作業を予定化するのである。

 

 反射的に行動に移せれば、苦手なこともカバーすることができる。もしあなたが人と話すのが苦手なら、会って5秒以内に話かけると決めてしまえば、行動に移す億劫さも薄まるかもしれない。

 

【今日のINPUT元ネタ】

■Voicyチャンネル

1日5分 スキルUPラジオ

伊庭正康/研修トレーナー・ビジネル書著者

■放送タイトル

【心理学】「気が乗らない時」の対処術

■放送日 

2021/12/6

 

#Voicy #伊庭正康 #心理学 #気が乗らない #ビジネススキル

【今日のINPUT No.114】努力は辛い!と思っていませんか?努力が楽しくなる方法とは?

【まとめ】

「にんじんをぶら下げる」この言葉があるように、〇〇ができたら自分へご褒美をあげる設定をすることで、脳も努力が楽しいものと認識するのである。

 

努力は気合や根性ではない、脳科学的に正しいやり方を行えば、努力は楽しいものに変わる

 

 今回は、脳科学的に楽しく努力できる方法について話をする。脳の仕組みを理解し、脳を騙してやることが努力が楽しくなるコツである。簡単に言えば、「努力をゲーム化する」ことで努力が楽しくなる。ここでは、なぜゲームが楽しいのかや、ゲーム化する方法を紹介する。

 

「なぜゲームが楽しいのか」

 ゲームが楽しい理由はゲームは「報酬」が獲得できるものだからである。そもそも、脳には報酬系という仕組みがあり、何かを達成した時に快楽を得るようになっている。快楽を得るのは、達成した時ドーパミンが出るからである。

 世の中でヒットするゲームには報酬の与え方が優れている。 例えば、「ポケットモンスター」では、敵を倒していくと、キャラクターのレベルが上がり、姿が変化する。これに加え、話を進めていくと集められるモンスターの数も増え、自分の図鑑にキャラクターがづえていくのである。このように努力を数字で確認できる仕組みが多様にある。

 また、ゲームにはラスボスが必ず存在し、その前にいくつか中ボスが設定されている。これも、ステップアップして目標を達成できるように過程を明確に設定されているのである。

 このような仕組みが自分でも作ることができるば、楽しくないこと、辛いことでも、努力が楽しくなるのである。以降はそのやり方を紹介する。

 

①努力をゲーム化する

 達成したい課題(ラスボス)を決め、課題ができたら美味しものが食べれるなど、自分にとってテンションが上がる、ご褒美感が得られる報酬を設定する。

 

②努力を数秘化する

 達成したい課題(ラスボス)を決めたら、ラスボスまでに現れる中ボスや雑魚敵(課題を達成するために避けられないちょっとした課題)を決める。このように倒すべき敵と敵を数字化できるのであれば設定する。達成条件を数字化している、していないでは達成できるかどうかにも関わってくる話である。

 例えば、「ダイエット」では、漠然と痩せたいではなく、〇〇Kgまでダイエットしたい、〇ヶ月後に〇〇Kgと具体的に設定する方が成功する。そして数字を記録するレコーディングダイエットが比較的成功しやすいのは、数字で達成までの距離がわかるからである。

 このように、如何にゲーム性を高められるかは課題設定と数字化が大切である。脳がドーパミンを出す癖がついてくると、何事も達成感できる「勝ち癖」がついてくるのである。

 

③その他の要素

 上で紹介したゲーム化や数字化以外にも3つのことを意識するとより課題達成のアシストとなる。

・上手にご褒美を設定する

 目標達成後の自分のメリットや途中にもご褒美を設定する。 痩せるとモテる、年収上がると生活が豊かになるなど、課題を達成した時の姿を想像したり、中間で旅行に行くなど頑張った自分にご褒美を設定すると努力するモチベーションも上がる。

・ネガティブエネルギーを利用する

 努力はポジティブな感情よりも、ネガティブな感情の方が原動力になる。無理にネガティブな感情を持つことはないが、「見返してやる」などのきっかけがあるのであれば、活用しない手はない。

・周りの人を巻き込む

 一緒に努力できる仲間がいる、周りに目標を宣言するのも有効である。誰かと比べることで、進捗を加速させたり、周りに宣言した後に、達成できなければ恥ずかしいなど、自分への監視をつけることも方法としてはある。

 以上のように、脳の報酬系をうまく利用して努力をゲーム化することができれば、努力は続くし、課題達成も楽しくできるのである。

 

■紹介書籍

あなたの脳のしつけ方

中野 信子著

 

【今日のINPUT元ネタ】

■Voicyチャンネル

サムの本解説ラジオ

サム

■放送タイトル

【8分で解説】努力が楽しくなる3つのコツ【脳科学

■放送日 

2021/12/5

 

#Voicy #サムの本解説ラジオ #努力 #脳科学 #中野信子

【今日のINPUT No.113】1対1だと上手く話せない!そんなあなたへのコツ教えます

【まとめ】

座る位置と相手への下調べが相手との会話をうまく進めるコツである。

 

 相手への「聞き方」が上手いと仕事も上手くいく。

 

 今回は相手と対峙した時に良好なコミュニケーションを築くためのポイントについて話をする。「行列のできるインタビュアーの聞く技術」から2つ紹介する。もっと知りたい方は本を読んでみて欲しい。

 

①話す時の相手との座り方

 誰かと話をする時は真正面に座ることはお勧めしない。信頼関係ができている場合は良いが、真正面に座ることは基本は対立構造となり、緊張感を生みやすい。

 対処法としては、相手と斜めの位置関係に座る、体を斜めに構える。相手と90度に座ることが出来れば1番良い。何故なら、自然と視線を外す事ができるので、適度に緊張感が緩和されるからである。座席の配置で難しい場合は席の位置をずらすなどの対応をすれば良い。面接時など対面に設定されている場合は、気持ち体を斜めにしたり、少し斜めに座るでも良い。少し斜めに座ったからといって、悪い印象はあまりないのではないだろうか。面接ではむしろ、話す内容の方が重要である。

 

②話相手への準備をする

 話す相手を事前にわかるのであれば、その人のことを調べよう。SNSでその人がどのようなことを発信しているのか知る事ができれば、人となりがわかる。相手のことを事前に知っていれば、気が楽になる。また、当日の戦略を練ったり、覚悟ができる。

 ここで注意すべきことは、相手を調べることは寸前にやることである。前もって調べると、自分の中で相手への偏見を生んでしまう。

 

 相手が自分に興味を持ってくれると会話も弾み楽しくなる。相手が自分のことを知っているとわかると、心が開きやすくなるのである。  

 相手との会話を上手く進めるためには、相手との「座る位置」と、「相手を調べる」ことがコツである。

 

■紹介書籍

行列のできるインタビュアーの聞く技術――相手の心をほぐすヒント88

宮本 恵理子 著

 

【今日のINPUT元ネタ】

■Voicyチャンネル

澤円の深夜の福音ラジオ

Madoka Sawa

■放送タイトル

【1354回】仕事が上手くいく人の「聞き方」について。

■放送日 

2021/12/3

 

#Voicy

#澤円の深夜の福音ラジオ

#聞く力

#インタビューアー

ある。

 


#Voicy

#澤円の深夜の福音ラジオ

#聞く力

#インタビューアー

#宮本恵理子

【今日のINPUT No.112】 買った理由説明できますか? 何となく買ってしまったものこそマーケティングすべきことである。

【まとめ】

人の行動は全てが合理的ではない。不合理に動いたその理由を紐解くと新たなビジネスチャンスがあるかもしれない。

 

 あなたはものやサービスを購入した後、「何でこれ買ったんだっけ?」と思うことはないだろうか。人は合理的に考えて、ものを買っているようで買っていない。

 今、Z世代にガラケーやルーズソックス、ペケベルが流行ってきているらしい。平成初期の製品で「平成・昭和レトロ」回帰の現象がきている。これも性能で考えれば、最新のものの方が良いのに、あえて手間のかかるものを選ぶ。これも合理的に説明できない、「本能」の行動である。

 

 今回はマーケティングの話である。マーケティングの1歩目として、「消費者の理解」があげられる。B to Bの場合は意思決定が合議制ということもあり、論理的に物事を決めている。B to C向けの場合はこのようにはいかず、人間は本能的、情緒的に意思決定することを考慮しなければいけない。

 

 企業でのマーケティング業務と聞くと、消費者の行動を調査することが上がる。そして、大体がWebを経由した定量調査である。しかし、Web調査からは「なぜその商品やサービスを購入したのか」、理由を明らかにすることはできない。

 それは人は本能でした行動を言葉にすることができないからである。「合理的な判断」よりも「本能」が勝っているから説明がつかないのである。

 この、「本能で買った理由」の言語化をすることがマーケッターのの腕の見せ所である。 楽しそう、美味しそう、使いやすそうなど、こういったレベルの感情は言語化できるが、このレベルの言語化だとマーケティングとして活用できない。

 普段論理的に物事を判断する人でも、スマホゲームの課金をしている人はいる。その人の理由は誰か勝ちたいという闘争本能、レアアイテムを自分で所持したい所有欲,このような本能的なものなのである。

 

 このように、合理的な判断できないもの=「本能」があることを理解し,言語化するトレーニングが必要である。

 そのトレーニングとは「自分の行動理由を言語化すること」である。まずは自分の経済合理性や消費者心理を理解することが消費者理解に近づくのである。

 そして、次のステップとしては一番コアなユーザーの心理を紐解くことである。コアなユーザーの頭の構造を理解することが、人を動かす「本能」を言語化することに繋がるのである。  

 マーケティングで重要なのは、コアな人の心理を理解することであり、定量調査で広く浅く聴取しても、その結果からは「特徴ある製品・サービス」は生まれない。まずはコアユーザーの心理、次にそれがその程度世の中に当てはまるのか、全体の定量調査は最後にした方が良い。

 「本能」の理解は、自分がお金を使ってやってみることが一番の近道である。経験が理解に繋がる、エスノグラフィーという手法もあるが、その状況に自分もいることで見えなかったものが見えるのである。

 

#Voicy #企業分析ハック #10分ビジネススクール #行動経済学 #マーケティング #本能

 

【今日のINPUT元ネタ】

■Voicyチャンネル

#10分ビジネススクール

企業分析ハック

■放送タイトル

マーケティングの第2歩は人間の本能を理解すること

■放送日 

2021/12/3

【今日のINPUT No.111】「焦らない」ってかっこよくないですか?落ち着いた性格を作る3つのスキルとは?

【まとめ】

焦る気持ちは「行動」で落ち着かせよう。心は体と、体は心と繋がっている。

 

 いつも落ち着いている人を見ると、その人の性格の特性と思うことはないだろうか。「焦らない」メンタルは「性格」ではなく「スキル」で手に入れることができる。今回は「焦らない」メンタルになるための3つの方法について紹介する。

 

 あなたはこんな時に焦った経験はないだろうか。

「失敗した時」、「抜け漏れが見つかった時」、「時間がない時」、何かを挽回しようと急いでいたり、焦って資料作ったりしても大抵はうまくいくことはない。「焦り」は成功を引き寄せないのである。以降、「焦らない」ための方法について紹介する。

 

①ゆっくり動く

 焦ったときほど、「ゆっくり」話す・動く。

焦ると心拍数や脈も上がり、汗もかく。これがまた周囲に伝わって焦りを誘発する。こんな時は身体的にゆっくり動くことで気分も和らぐのである。

 

見える化する

 わからない事がわかれば焦りは消える。

「わからない」から焦るのである。何がわからないのか、わかっていることはどんなことなのか、焦りを生んでいるタスクについて、みんなで書き出して見える化するとよい。

 

③俯瞰して見る

 焦っているときは近視眼になりやすい。一旦離れて見る事で、状況がわかるようになる。

一緒にタスクに取り組んでいるチームがいれば、チームのみんなに声をかけるとよい。自分が周りに声をかけることで、周りも声をかけ合うのである。声をかけ合う事で、自然と落ち着いてくる。

 

 このように焦った時に、自分が心がける行動を決めておくと、焦る場面でも少しずつ焦らなくなるが、これら3つに加え、「段取り」をしっかりする事をお勧めする。

 段取りとは、ことがうまくいくように前もって用意することであり、先読みの行動のことである。相手から何を言われるのか、相手を想像して先手を打っておくとそれだけでも気分は落ち着くのである。この段取り力を上げるためには、「やり直し前提で日程をくむ」事が効果的であろう。そもそも焦らなくする準備をしておくことも、今回紹介した3つの方法に加えて覚えておきたい。

 

#Voicy #グロービス経営大学院 #焦らない #能力開発 #段取り

 

【今日のINPUT元ネタ】

■Voicyチャンネル

ちょっと差がつくビジネスサプリ

グロービス経営大学院

■放送タイトル

第650回 仕事に役立つABC『「焦らない」はスキル』

■放送日 

2021/12/1